米軍にしても防衛施設局にしても役に立たない

いらっときたニュースが二つ。
通告なく降下訓練 嘉手納で米軍27人 地元、一斉に反発
撃ち落としてやりたいね。
話は飛ぶが、ときたま無差別殺傷事件とかありますよね。でも、無差別に人へ危害を加える人々って本当は無差別に危害を加えているわけじゃないですよね。
危害を加えやすい人たちに危害を加えているだけ。要するに何らかの保身が作用している。
どうせなら、基地周辺住民やフツーの市民が、騒音や暴力などに対して苦々しく思っている相手を狙ってくれれば、陪審員制度の場合少しは情状の余地が生まれるんじゃないかと思ったりして。

軍人家族の犯罪 適用外 地位協定「補償」で防衛局
こっちは超ムカツクね。

加害者の米国人少年2人の家族が被害男性(56)と慰謝料の示談交渉をする約束を守らず、米国に帰国するなどして音信不通となっている

帰国した加害少年と家族の所在地について、被害男性は在沖米陸軍に照会したが、米軍は「分からない」と回答している。沖縄防衛局はこの家族の所在地について「組織としての米軍には誠意ある対応を求めたが、個別の人の所在を調べることは権限外だ」と説明した。

ありえんね。犯罪者を本国に帰国させたのは誰か?
米軍が連れてきた輩なんだから、帰国も米軍が許可を出したんじゃないの?
逃げる可能性があるんなら拘束しとけよ!
逃げた輩は地の果てまで追い詰めろよ!!
「分からない」?
子どもか、お前ら!!!
日本人がアメリカで犯罪を犯したら、アメリカのヤツラはどうするよ?
自分たちの論理で勝手に裁くだろう。産業スパイとかいい例だよな。
同じことをアラブの国でやってみろよ。またテロが起きるぜ。(まぁ同じことはできないけど)
もし日本に過激派とか右翼とかいたら、基地周辺で米軍と対峙してくれるととっても嬉しい。

防衛施設局もほんと役立たず。

役所が使えないのはいつものこと。そこでどうだろう。
民間の調査会社なりを使って居場所を探す。見つかったら経費を請求。たぶんアメリカとかだと寿命以上の刑期とかありそうだから、返済可能金額の上限とかないんじゃない?(全く知らないけど)
仮にあったとしても、かかった経費を犯罪者か米軍か思いやり予算か米軍の監督責任を追及するかなにかで支払われることが確約されればビジネスとして成り立つのではないでしょうか??

ついで。
今なお続く基地負担に抗議 復帰39年の沖縄で平和行進
米軍内で横行する性犯罪 被害者が国防長官を相手取り集団訴訟を提起

This entry was posted in ニュース, 沖縄, 米軍基地 and tagged , . Bookmark the permalink.

One Response to 米軍にしても防衛施設局にしても役に立たない

  1. Pingback: 「クジラと生きる」見ました。 | 沖縄日和(超暫定タイトル)――タイトル随時変化中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です