箱入り息子の恋

沖縄県那覇市の桜坂劇場で「箱入り息子の恋」という映画を観ました。

監督・脚本:市井昌秀
キャスト
星野源、夏帆、平泉成、森山良子、大杉漣、今井晃、黒木瞳、穂のか、竹内都子 ほか

文字通り傷ついても何気に立ち上がる、いい映画でした。
ポジティブな感じで終わるのは「旅立ちの島唄 ~十五の春~」同様個人的にとても好きなエンディングです。

そして。
夏帆。いいですね!
もう、いいですねとしかいいようがない。。。

ベッドシーンもあって相手役の相手役の星野源が憎らしかったですけど、楽しそうな感じでよかったです。ちょっと逆三角形的な体型に見えてしまったのが残念。

大杉漣が黒木瞳に平手打ちされるシーンはいい音が出てた気がしましたし、そのあとフツーに暮らしていたのもw

「穂のか」という女優は「穂花」の流れかと思ったらとんねるずの石橋の娘のようですね。
とんねるずの石橋は嫌いなので、幻滅(苦笑)

森山良子が、、、どこかで見たことある顔だなぁと思ってはいたのですが、ビジュアル的にちょっと今までのイメージと違う気がしました。

箱入り息子の恋@ぴあ映画生活

——
当日、鳥肌実 春の時局講演会「日の出は近い」
なんていうのをやっていて、人が長蛇の列をなしてましたぁ。

This entry was posted in 沖縄 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です