その夜の侍

沖縄県那覇市の桜坂劇場で「その夜の侍」という映画を見ました。

監督:赤堀雅秋
キャスト:堺雅人、山田孝之、新井浩文、綾野剛、坂井真紀、田口トモロヲ、木南晴夏、谷村美月、でんでん、安藤サクラ ほか

谷村美月、最近くよ見るなぁ。。。

相変わらず、よくわからない映画を私は観ているなぁとまたしても思ってしまった1本。
午前中に映画を観に行くと途中眠ってしまうことが多いのですが(苦笑)、この映画は全然眠らず観ることができました。

山田孝之のヤサグレ具合も堺雅人の落ちぶれ具合ももとても見応えのある演技でした。
山田孝之は、若干「冷たい熱帯魚」などのでんでんっぽく見えました(^^;
周りにいる女性陣もとてもよく。
完成度が高い作品かと。

ただ、ストーリーなどにはあまり共感できず。
他愛のない話がしたい
という言葉にこの映画を作った意図が集約されている部分もあるかと思いましたが、特に谷村美月のシーンに少し寂しい感じがしました。
他愛のない話すらできない人間関係なのか、と。

しかし、逆に考えると他愛のない話だけすることは空しいことになりはしないか、とも思ったり。

きょうたまたま「B層」という言葉を知りました。
ざっくり言ってしまえば、衆愚ということではないかと思うのですが。

他愛のない話をしたがる衆愚にはならないようにと思うばかりです。

あと、やはり重い映画だったりシリアスな映画ばかり観ていると気難しい日常になりがちになるので、明るくアホらしく楽しい映画を観て明るい気分になれるように、今度観る映画を選びたいな、と思いました(^^)

その夜の侍@ぴあ映画生活

This entry was posted in 日常 and tagged , , . Bookmark the permalink.

One Response to その夜の侍

  1. Pingback: 凶悪 | 映画や動画の感想ブログ(暫定タイトル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です