ある精肉店のはなし

ある精肉店のはなし」という映画を観ました。

監督:纐纈あや
出演:北出精肉店のみなさま ほか

鶏をしめたり、豚の丸焼きであったり、酪農であったりといったものが少しだけ身近にあった私としては、「精肉」についての内容はあまり新鮮味は感じなかったのですが、そういった経験が全くないと、食肉について再認識するいい機会になるかな、と思った映画でした。映画の中では何度か、精肉(と畜も含めて)もほかの仕事と変わらない、仕事の一つ、という感じの言がありました。

とはいえ、初めのほうと終わりのほうの場面はちょっと引き気味ではありました。。。が、食べるために牛を飼育し、結局肉を食べているわけですから、必要不可欠、と思われる行為ではありますね。

しかし、肉をさばくのがなんと手際がいいことよ、という感じ。

居酒屋やスーパーでマグロの解体ショーとかやっていたりすることもありますが、ざっくり言えば、それの牛版ですよね。
ただ、マグロは冷凍になっていてすでに命が奪われていることが多いかと思いますが、この映画の牛はさっきまで生きていた、という映像になっています。

もう一つ、狙ってかどうかはよくわかりませんが、「部落差別」についても描写されています。
未だにそのようなものがあるのかと少し驚きました。部落については若い人はあまり知らないこともあり、そのような差別は今後廃れていくのではないかと思いました。その部落出身の人が岸和田城で結婚式を挙げる場面があり、年配の方には感慨深いものがあるのではないかな、と思ったりしました。
しかし、なんだかんだで人は差別をするのが好きなのかもしれず、部落の差別が廃れても、また新たな別の差別が生まれ、差別自体はなくならないと思ったりもします。
ただ、社会的な差別は個人の力で抗うのはとても大変で、そのようなことがまかり通りのは前時代的なこととなり、今後は個人、小グループ的、カルト的な差別に移行していくのではないか、と思ったりしています。

だんじり祭りも出てきます。
やはり少し異質な感じがしますねー。
ここの男衆みたいな人ばかりだったら、と思うと。。。

上映終了後纐纈あや監督の舞台挨拶がありました。
エンドロールの長さの話をしていました。
「ある精肉店のはなし」を応援する会ということで多くの人がエンドロールに名を連ね、長くなっている。
その中に、永六輔さんと鎌田慧さんの名前を見つけました。永六輔さんといえば「大往生」でしょうか。読んでないけど。
鎌田慧さんといえば「教育工場の子どもたち」を学生時代の宿題か何かで読んだ印象が強いです。

とりとめがなくなってしまいましたが、
食を見つめるにはいい映画なんだろうな、ということと、このような現実を知りにくい子どもたちは少し不幸だなと考えたりしました。

ある精肉店のはなし@ぴあ映画生活

Posted in 日常 | Tagged , , | Leave a comment

消費税で“濡れ手で粟”

消費税で“濡れ手で粟” 大企業が儲かる「輸出戻し税」の実態

消費税が上がるほど輸出企業は儲かる。

ということらしいです。

アベノミクスとか言ってはいるが、ハリボテの終焉が間近なようですし、そもそも首相を投げ出した人が再登板してしまい、その上、支持されるなんて、いまだに理解できません。

そんな国民性。

サラリーマンは締め付けられますが、大企業に勤めていれば社畜としての恩恵がある。
地方の農民票はどういう感覚か未だにわかりませんが、地域のつながりとやらで結局自民候補にいれるのか、それとも、補助金目当てであったり地域の有力者に右へ習えで投票するのか。

どちらにしても、今の政治の元凶は国民の投票行動にあるわけで、少しでも甘い汁を吸っているひとは投票に行くが、そうでない人はあまり投票にいかず、その結果として現状があり、消費税も上がって行くのかな、と思った次第。

ついでに。
現役ジャンパー船木に「復帰したら」…宮根誠司の“赤っ恥”
ずっと前は、、、大島由香里がやっていた頃くらいまではMrサンデーを見ていましたが。
教養があるんだかないんだか、イキオイだけでやってるんだかやってないんだか、の宮根誠司の人気があるのがまったく理解できないです。

Posted in 日常 | Leave a comment

少女は自転車にのって

少女は自転車にのって」という映画を観ました。

監督:ハイファ・アル=マンスール
キャスト:ワアド・ムハンマド、リーム・アブドゥラ

爽やかな映画、と言えなくもないが、実質的には因習に囚われた悲劇のような映画の気もする。
因習というのはある意味制約だと思うが、録画してあったものを先日観たテレビでは制約があることによってよりよい芸術作品ができる、というような話がありました。
Embrace the shake
「震えを受け入れる」

制約の中で創造することは、不思議に思えるかもしれませんが、マンネリを脱し、常識を破るには、最高のやり方なんですよ。

そういう見方もできはするかと思いますが、この場合は制約というか抑圧のような気もしますね。

そこでふと思ったことは、アラブ諸国は女性に対する戒律が厳しいわけですが、これは男性が優位に、楽に過ごすためなのではないか、ということです。
女性が男性と同等に働くようになれば、能力が劣る男性は仕事がなくなるでしょうし、一夫多妻もどうなるかわかりません。
能力による差異以前に性による優位、劣位があれば、優位にいる男性は女性の社会進出や戒律破りを許したくないというのが道理。
だから、西洋かぶれの女性が現れるのを恐れているようにもみえる。

男性優位、女性劣位のように見えるアラブ社会という図式をもう少し普遍的に見てみると、既得権益を持っている人と持っていない人、つまり、既得権益を持っている人は既得権益をなくしたくないので、制度でそれらを死守しようとしたり情報を隠したりする、ということのような気がします。
中国などは情報規制しまくりでしょうし、日本もこれから特定秘密保護法などで情報規制の下地を作りつつあるような雰囲気もあります。
それらを糾弾してもよさそうなマスコミは、冤罪を作る元凶と言ってもいいくらいなレベルなのでマスゴミですよね。

映画の話に戻ると、自転車に乗るのは楽しそうですねw
そして、少女のために自転車を売らずにとっておいた店主がいたりして、実際のサウジアラビアがどんな社会かは全く知りませんが、現実はだいぶ雪解けてきているのかな、と思ったり思わなかったり。

個人的には、母親役のリーム・アブドゥラ、というか母親役の境遇もちょっと考えさせられるところがあった。一夫多妻で夫が第二夫人を娶るということのようですが、第一夫人であるリーム・アブドゥラは自分で働いて娘を育てる。。。実際には夫からも経済的な援助があるのかもしれないけれど、しっかり養えもしないのに第二夫人を娶るとは、、、男の子を授からなかったというところも影響しているのかもしれないけれど。。。そこは一つの問題点のような気もしますし、あえて大きく触れなかったところのような気もしました。


少女は自転車にのって@ぴあ映画生活

Posted in 日常 | Leave a comment

ハンナ・アーレント

ハンナ・アーレント」という映画を観ました。

監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
キャスト:バルバラ・スコヴァ、アクセル・ミルベルク、ジャネット・マクティア、ユリア・イェンチ、ミヒャエル・デーゲン

いい映画でした。
というか、ある意味、好みの映画、でしょうか。
事実を事実として捉える、ということが難しいということを描いているようにも思えました。
多くの人が事実を事実として捉えることができれば、「感動の実話」にはならなかったでしょうね。
つまり、事実を事実として捉えられない人々がいるから「感動の実話」になっちゃった、みたいな。
ある意味、「悪の凡庸さ」と同質な気もして皮肉的でした。

しかし、大なり小なり、組織内で衝突せずに振る舞っている人々は、自分も含めて凡庸さという点においては同質かもしれないと、自戒した1本でした。

けっこういい値段します。。。

俳優陣も名前は全然知りませんが、とても重厚な、いい演技で、名演と思いました。
中でもロッテ・ケーラー役のユリア・イェンチがお気に入り。
映画の中での位置づけは、というか、実話として捉えたときに、彼女の生き方はどのようなものか若干疑問符がありましたが、主人公には必要な人だったんだろうな、とは思いました。

最後のあたりの「すべての答えが凝縮した魂を揺さぶる8分間のスピーチ」は聴きごたえがありました。

しかしながら、ユダヤな話やイスラエルなどに馴染みのない人はわかりにくい部分もあるかもしれません。
シーンによっては、場所(アメリカとイスラエル)や時代(現代と過去)切り替わるのですが、切り替わったのに気づきにくい気がしましたね。

アドルフ・アイヒマンって誰かに似てるなと思ったら、、手塚治虫漫画にときどき出てくる人に似ている、、、ような気がする。たぶん、ブラックジャック

ハンナ・アーレント@ぴあ映画生活

Posted in 日常 | Leave a comment

報道関係者って身勝手ですよね!?

ソチ五輪のエース高梨沙羅 報道陣激怒させた「焼き肉事件」という記事がありました。

日刊ゲンダイ
上村愛子の敗因もロクに説明せず…五輪実況と解説に疑問符 とか
「つくる会」系教科書強要 安倍政権が沖縄竹富町に直接圧力
などの記事があって結構好きではあるのですが、ソチ五輪のエース高梨沙羅 報道陣激怒させた「焼き肉事件」という記事はちょっとどうかな、ということで取り上げてみました。

概要は、高梨パパから内容を知らされずに報道陣に取材要請のような連絡が入った。そこで行ってみたところ、お店を出したので宣伝してほしい、という内容だったので報道陣が激怒した、という内容。

そもそも持ちつ持たれつの業界ではないのか?
報道の公正性というかジャーナリズム的な面なんて、まともな人はほとんど期待していない。
そんな報道陣を自身のために呼び寄せようとする輩がいるのは当然では?
しかも報道各社は今までさんざん、高梨沙羅さんの記事で儲けてきているのではないでしょうか?

激怒するというのも少しはわかる気もするが、それをさらに記事にしてしまう神経を疑う。
北海道の報道各社へ連絡が行ったようなので、もしかしたら、日刊ゲンダイの人は現場にいなかったかもしれないが、であれば、自省なり自己嘲笑なりのコメントが一言あれば全然違った印象になったろうな、と思う。

Posted in ニュース | Leave a comment