消費税で“濡れ手で粟”

消費税で“濡れ手で粟” 大企業が儲かる「輸出戻し税」の実態

消費税が上がるほど輸出企業は儲かる。

ということらしいです。

アベノミクスとか言ってはいるが、ハリボテの終焉が間近なようですし、そもそも首相を投げ出した人が再登板してしまい、その上、支持されるなんて、いまだに理解できません。

そんな国民性。

サラリーマンは締め付けられますが、大企業に勤めていれば社畜としての恩恵がある。
地方の農民票はどういう感覚か未だにわかりませんが、地域のつながりとやらで結局自民候補にいれるのか、それとも、補助金目当てであったり地域の有力者に右へ習えで投票するのか。

どちらにしても、今の政治の元凶は国民の投票行動にあるわけで、少しでも甘い汁を吸っているひとは投票に行くが、そうでない人はあまり投票にいかず、その結果として現状があり、消費税も上がって行くのかな、と思った次第。

ついでに。
現役ジャンパー船木に「復帰したら」…宮根誠司の“赤っ恥”
ずっと前は、、、大島由香里がやっていた頃くらいまではMrサンデーを見ていましたが。
教養があるんだかないんだか、イキオイだけでやってるんだかやってないんだか、の宮根誠司の人気があるのがまったく理解できないです。

This entry was posted in 日常. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です