消費増税集中点検会合

消費増税集中点検会合が行われて7割くらいが増税に賛成らしいけど。
デキレースっぽい気もするし。
世間の風潮もけっこう増税に賛成っぽい気もするけれど、おそらくマスゴミの取り上げ方で世論が誘導されている感もありますね。

例えば新橋のサラリーマンに聞いてみました!
みたいな感じだと、おそらく正社員でぬくぬく働いている人が多いですよね。

世間にはニートの人もいまだにいるでしょうし、非正規雇用者は増える一方。
無職の人にインタビューするケースはあまり聞いたことないし、有識者60人の中に経済的に困窮している人が含まれているとも思えない。

つまり政府主導かどうかは知らないけれど、現実の人口構成を反映していない人たちを任意で集めてきて意見聞きました、として増税をやりやすくしているだけのような気がする、のは私だけでしょうか。

増税する前にやることっていっぱいあると思うんですよね。
予算要求が100兆円とか馬鹿げてるし。

まず、超高齢化社会になる一因は失政でしょう。
未だに高齢化速度が低下する兆しが見えないのも確実に失政でしょうし。
税金の使い方もまだまだ無駄がありますよね。
民主党政権になったときに少しは無駄を省いたようですが、自民党政権になったらまたまた甘い汁を吸う人たちが増えているのではないでしょうか。よく知らないけど。

そして、医療費の負担の仕方とか、予防医療とかへのお金の使い方とか防衛費とか思いやり予算まだまだ福祉に回せるお金の出所や医療福祉にかかるお金の節約方法は探せると思うんですよね。

まぁ、政治屋に期待する価値もなく。
そんな政治屋が普通に代議士になる、そんな国。

This entry was posted in 日常 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です