エニアグラム

エニアグラムやってみました。

//

どうやら タイプ5 のようです。
利用したサイトは二つ。
コーチングで今から変わる!
コミュニケーションラボ
どちらの結果もタイプ5でした。
———————————–
■コーチングで今から変わる!のほうのコメントの一部抜粋。
タイプ5番のマイナス面
あなたは自分の時間や知識を他人と分かち合うのを惜しむことがあります。現実から離れて孤立し、知識や情報を蓄えることに専念します。自分の気に入った理論に従って解析し、自分の方法で単純化し、時に常軌を逸したこじつけを行うことがあります。そんな時周囲から変わり者に映ります。
タイプ5番の問題点
自分の時間や知識を他人と共有して物事を進めることが苦痛になります。
理屈で納得しないと行動に移せない為、スピードが遅くなりがち。
価値観が合わない分野にはあきらめが早い。
自分が思っていることや考えていることを会議の場などで発表することが苦手。
世渡り上手な人や要領の良い人を見ると我慢できない。
自分のことを表現していくことが苦手な為、引っ込み思案になりがち。
周りから孤立して冷淡と思われ、他人が接しにくくなる。
理論的アプローチで感情表現を抑える為、人を寄せ付けなくなる。
情報、知識の分析に時間をかけることで達成が遅れる。
情報の出し渋りから仕事のやり残しや孤立を招く。
自分の知識を過大評価し、知識を求める為には人から遠ざからねばならないと誤解してしまうことがあります。人から遠ざかって考え込むと、自分の心すら分からなくなります。
———————————–
■コミュニケーションラボのコメント抜粋。
9タイプそれぞれの得点は・・・

Type1
Type2
Type3
Type4
Type5
Type6
Type7
Type8
Type9

4 点
4 点
3 点
1 点
6 点
2 点
3 点
5 点
4 点

Type1 Type2 Type3 Type4 Type5 Type6 Type7 Type8 Type9
4 点 4 点 3 点 1 点 6 点 2 点 3 点 5 点 4 点
[分類する際の基本的な考え]
エニアグラムは、人の性格の特性を正確に言い当てることができますが、基本タイプについての性格は次の通りです。
①性格のタイプは、基本タイプから別のタイプに変わることはありません。
誰もがその大きな集団の中で、唯一の個人であり、結局、一生を通じてそのタイプにとどまります。
性格は成長のレベルによって、その性質は異なったように見えますが、本質に変わりはありません。
②性格のタイプの描写内容は、普遍的なものであり、男性にも女性にも同様に当てはまります。
性別による役割や、純粋に生物的な性の違いに関する問題は重要ですが、
エニアグラムはその範疇を超え、固有の人間性を捉えています。
③基本タイプの説明のすべてが常に自分に当てはまるものではありません。
これは、性格のタイプは健全、不健全など数々の特性の中で構成されていて、人はその間を揺れ動いているためです。
自分自身を客観的に知るにつれて、自分の性格のタイプのすべての特性が真の固有性向であることを認識することができ、
自己を成長させる手助けとなります。
タイプ5(調べる人)
物事を頭で考えて理解しようとする人達です。
行動する前によく観察し調べて知識や情報を集め、全体的に捉えてから判断します。
冷静沈着で洞察力と探究心があります。
また、孤独で風変わりな印象があり虚無的になりやすく神経質な一面もあります。

モバゲー:怪盗ロワイヤルのアイテム

「怪盗ロワイヤル」アイテム高騰、40万円超で落札も 「RMTは規約違反」とDeNA
規約に書いてあれば規約違反なんでしょうけど。
アイテムをゲットするために「体力回復」だかアイテム自体を売っているのはDeNAなわけで。
会社側としては「自分達の利益を侵すな」ということなんでしょう。
ただ。
その論理が通る世の中なのかは注視したいトコロかもしれませんね。
アイテムというのは架空のものですが、それを売って利益を上げているのがモバゲーの主体であるDeNA。
例えば。
ソフトウェア。
CDなどに焼けば実態としてあるが、ダウンロード販売だと実態は「アイテム」と同じ程度に希薄になる。
ダウンロード販売されたソフトウェアは再頒布不可でしょうが、そのライセンスを売ることは果たして違法なのか?
そう考えていくと、規約自体違法なものの可能性はないか?
モバゲーに限らず、いろいろな場面で
「規約に書いてある」
「規約に同意したでしょ」
と言われることがある(クレームを付ける人はね・苦笑)。
そこで引き下がる必要はない。
その規約自体の有効性を問えばよいのだから。
具体例は思い出せないが、おかしな規約なんて腐るほどある。
校則なんてその最たるものではないでしょうか。
所詮、自分達に都合のいい規約を作っているだけなのですから。
どちらの側に立つにせよ、自分の利益を守っているだけだ、ということは肝に銘じておきたいような気がしますね。
といいつつ。
一番困るというか閉口するというか脱力するというか相手にする価値のない人種は、そういったことが全くわかってなくて、規約が絶対正しいと盲目的に信じてる輩。
そんな輩は規約が変わったときにどうするんでしょうね。
私の知ってるケースでは、とっても苦しい言い訳をして正当化しようとしてました。
まぁ、正当化する前から話し合う価値のない相手だと思っていたので思わず苦笑してしまっただけで終わりましたけど、世の中、実際に苦笑が漏れる場面ってあるんだなーと勉強になりました(苦笑)
ちょっと話が横道に逸れました。。。
私はモバゲーで金銭を使う気は全然ないので完全なる傍観者、だと思うのですが。。。(苦笑)
ちなみにRMTというのはリアルマネートレードということらしいです。
//

久しぶりにキーワード。

「カラメル」のキーワード「2010年トレンド予測」

弁当男子
自転車女子
アイロン男子
B食女子
DIYな人々

だって。
「弁当男子」
うーん、増えてるという話は聞きますがどうなんでしょうね。アラフォー世代よりもだいぶ若い世代の話なのかも(笑)
「自転車女子」
増えてるみたいですね! 皇居の周りではジョガーも増えていて、そんな会社帰りジョガーのためのロッカーというかプチコミュニティ施設というか、そんなのもできているそうな。
沖縄では「自転車女子」はあまりいない気がしますが、自転車人口は確実に増えている、ような気がします。排気ガスは自転車や歩行者の敵ですね(苦笑)
「アイロン男子」
まったく関わりありませんね(汗) でも、サラリーマンの方たちで一人暮らしなどでは、ハンカチとかワイシャツのアイロンがけをする、、、必要があるそうですね。形状記憶でいいじゃん、とも思いますが。あと、きっちりした人たちはズボンプレッサーのようなこともしている、かもしれませんね。
「B食女子」
ひとりでラーメン屋に入りブログに味の評価をし続けるラーメン女子や、美容のために週一でひとりホルモンを食べまくるホルモンヌ等、急増するB級グルメ好きなB食女子が2010年グルメ会に殴り込み!
ということらしいです。そういえばこういう人たちはたまに見るようになったかも。一人のほうが気軽というときもありますよね。
あっ、「あんにょん由美香」にも、女性一人とおぼしき観客が何人かいたような。
「DIYな人々」
これは、低賃金+残業が減って時間がある、という現状が多大に影響しているのではないでしょうか。
キャッシング、保険借り換え、転職というより就職とか就活、データ復旧といったキーワードが入ってませんが、これらはここ数年の定番キーワードってことでしょうかね~。
今ネットをウロウロしてたら、「山ガール」というのもありました。
「山ガール」、けっこうよさげかもしれません。
//

転職の理由

日経新聞の記事で
転職した理由の第1位に
「会社の将来に不安」
が輝いたそうです。
ちなみにリクルート調べ。
ワタクシ、時代を先取って転職してしまいました(苦笑)
でも、転職先の会社の将来が満帆だとは限りませんよね。。。
能力があれば、転職前の職場でも利益を上げることが
できたかもしれませんし。

テスト

今のところ転職は考えておりません(苦笑)